ウェントワース女子刑務所 シーズン8 第1話 あらすじネタバレ

ウェントワース女子刑務所 シーズン8 第1話 『復活』のあらすじネタバレです。

動画を見たい人はHuluのトライアルを利用して無料視聴がオススメだよ!

\ウェントワース女子刑務所をHuluで見てみる!/

目次

ウェントワース女子刑務所 シーズン8 第1話 復活

ウェントワース女子刑務所 シーズン8は2021/2/23からhuluでスタートしました!
シーズン8はファイナルシーズンとなります。

新しいボスは誰なのか?
どんな新メンバーが入ったのか?

アッシュ

私はファーガソンが気になる!!

時間がない人でもさくっと読めるように、簡単にあらすじ(ネタバレ)をご紹介します。

ウェントワース女子刑務所あらすじ

第1話 復活

ウェントワース 女子刑務所に、元ボスのルイーズ・ケリー(ルー)が戻ってきた。
トランスジェンダーの恋人レベッカ・キーン(レブ)と一緒に。
ルーはウェントワース 刑務所に到着するや否やトラブルを起こし独房に入れられてしまう。

ボスになっていたのは、なんとアリー
アリーはメイクが様変わりしていて、以前の印象はない。

ルーを知っているブーマーは不安になり、『フィンガー・ケリー』がやってきたとアリーに駆け寄り、キレると指を切断するイカれた女だと説明する。

アリーは先手を打って独房に入れられているルーのところへいき

『暴力は認めていない』

と伝えた。

ルーはレブのためにアリーに従うと言い、アリーはその言葉を信じることにした。

前シーズンで脱獄を企てたマリーは独房に入れられている。

刑務所長に新しく就任したアンは看守長としてヴェラが復帰することを熱望。
学生時代からの友人とのこともあり、カフェでヴェラの復帰するよう強引に誘っていた。

アンとの話し合いが終わり店を出ると、ヴェラと娘のグレースを誰かが隠し撮りしている・・・
ヴェラの行動を探っていたのはファーガソンだった。

職業安定所でキャス・マクスウェルと呼ばれ返事をしたのはファーガソン。
今はキャスとして生きている模様。
しかしキャス・マクスウェルを知る人物ジョーがファーガソンに近づき怪しんだ。
ファーガソンは「同姓同名」だと誤魔化しその場を逃げ去った。

独房から保護隔離等へ移ったマリーは仲間から罵られる。
しかし入所したばかりの不安そうなレブを見つけ近づいていく。
そしてレブが一般棟へ移ると決まった日に、4万ドルかかる手術費用を工面する代わりに、ルビー・ミッチェルを殺して欲しいと持ちかける。
ルーは冗談でしょ、という感じで鼻で笑って引き受けなかった。

ファーガソンは旅行会社にいて、運転免許証を見せてリオへ行く手配をしていた。

レブは一般棟でルーと再会。
そこへブーマーがレブの体のことについて、デリカシーがない事をルーに笑って話す。

数時間後、ブーマーはシャワールームでルーに襲われた。
頭からビニール袋を被せられ、窒息寸前になる。

ブーマーはその事をすぐにアリーへ報告。

アリーはみんなが恐怖で支配されないよう、ルーに一泡吹かせると決め、頑丈なハサミでルーの指を切断した。

アンのしつこい勧誘に負けたヴェラh『ウィル看守長留任』を条件に復帰を新しい刑務作業の責任者を引き受けていた頃、ファーガソンは自分と「グレース・マクスウェル」と書かれたベビーのパスポートを手にしていた。

ウェントワース女子刑務所感想

第1話という事で、きっと様々な伏線が潜んでいますよね。
伏線回収が楽しみ!

新しく刑務所にきたルーとレブ、因縁のマリーとルビー、そして年季の入ったヴェラとファーガソンがどのような展開になるのか楽しみでしょうがありません。

ファーガソンがどのように生還したのかも、そのうちわかるのかな?

これから毎週楽しみです!

\ウェントワース を無料視聴/

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる