ママ友の生態がわかる日本のドラマ4選!

今回は『ママ友』のドラマを集めてみました。

ママ友って、良いイメージを持っていない人が多いのではないでしょうか?

ボスママに嫌われたらどうしよう。
ママ友とうまく付き合わないと、子供がかわいそうな目に合うのでは・・・

などなど、悩みは尽きませんよね。

今回ご紹介するドラマは、ママ友関係の嫌な部分がてんこ盛りです。

今まさにママ友付き合いで悩んでいる人も、これからママ友付き合いする人も、ドラマからママ友付き合いのヒントを得られるかも!?

目次

マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜

Tc エンタテインメント
¥16,720 (2021/08/24 20:02時点 | Amazon調べ)

幼稚園を舞台にした母親たちのドラマ、と聞いて思い浮かぶのは…ママカースト、ママ友いじめ、お受験トラブルといったネガティブな言葉ではないだろうか。確かに幼稚園のママの世界は小さくて濃密で、独特な世界というイメージだが、それが「名門幼稚園」と呼ばれる教育熱心な母親が集まる幼稚園ならなおさらだ。だが、その中には裕福で地位もステイタスもあるが故に、実は仮面を被って“母親”という役割をまっとうするため、必死にもがいている女性たちがいるのだ。

そこに、ひょんなことからその幼稚園に入園することになった貧乏なシングルマザーの主人公・蒲原希子。希子は、セレブ幼稚園の内実に驚きながらも、自分を敵対視する母親たちにストレートに自分の思いをぶつけ、凝り固まった母親たちの考えを変えていく。物語では、別世界に飛び込んでいく希子をハラハラしながらも見守る家族の絆も描き、コミカルな中にもあたたかい涙が流れるようなエッセンスもプラス。その中で、希子は持ち前のパワフルさと快活さ、そして人情深さで、全く別の世界に生きる世代の違う母親たちと新しい絆をつくっていく──。

『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』公式ページより

バツイチ子持ちの貧乏めな主人公(木村文乃)が、息子のハルトの通うお金持ちの集まる名門幼稚園でママ友たちと友情とバトルを繰り広げるドラマです。

お金持ちならではの見栄っ張りな部分や、その大人の見栄を庶民の主人公や純粋な子供たちがかき回していく場面がたくさんあり、爽快かつ感動的です。

学園ものでよくあるカーストという存在が、今回はお母さん同士で起こる。
しかも旦那の年収とかで競うという、、人間の嫌な部分がちらほら見えつつ、しかしそれぞれが悩みを抱えお互いに打ち解けあっていく姿が面白いです。

こんな世界ほんとにあるのかなー!とそのドロドロさに思わず惹かれてしまいますが、どこか心が温まるような、世の中で本当に大切なことは何なのか、教えられる作品だなと思います。

『マザー・ゲーム〜彼女たちの階級〜』口コミ

最初の冒頭で、ヒロインの浦原希子(木村文乃)が、役所で息子の哲治(竜雷太)を幼稚園を探している時、必死で役所の人に話をする所が、ぶっ飛んでて笑います。

矢野聡子(長谷川京子)が、希子の自転車を蹴り倒した所や後藤みどり(安達裕美)が、娘の梨香(矢崎由梨)がみどりに向かって「ママ」と呼んだ時、「お母様でしょ」と言ったセリフがとても怖かったです。

名前をなくした女神

ポニーキャニオン
¥16,800 (2021/08/24 21:15時点 | Amazon調べ)

小学校の「お受験」を軸に、5人の「ママ友」の間で繰り広げられる複雑な人間関係、友情、嫉妬、見え、ウワサ、建前、うそ、裏切り―。幸せを模索する全ての女性たちへおくる、女性の女性による女性のための、衝撃の社会派ドラマ!ようこそ、ママ友地獄へ。

FOD公式ページより

題名の「名前をなくした女神」とは、幼稚園や子供関係の付き合いでは、●●ちゃんのママ、という呼ばれ方をし、母親の個性が失われ認められない中での葛藤を表していると思います。

主人「杏」は物語の中では一番幸せな家庭を営んでいるので、ママ友から嫉妬されたり、子供同士の問題もちりばめられています。

ママ友ほど、見栄っ張りでウソがあり、嫉妬があり、付き合いたくない人たちなのに、子供のために付き合うしかない母親の苦しみが描かれていて、このドラマは相当陰湿な場面もあり、見ていて苦しくなる人もいたはずです。

主題歌も切なくて悲しかったです。

必ずボス的存在の人、日和見的な人、言いなりにさせられる人の3種類に分かれて人物構成されていますが、どの人も家庭内などでストレスを抱えており、その腹いせに弱い母親を攻撃していくあたり、おそろしく後味の悪い印象でした。

名前をなくした女神』口コミ

小学校受験やママ友との関係性など、見たことのありそうなストーリーながらも、子役を含めキャストが豪華で楽しめる作品です。

斉藤さん

バップ
¥15,863 (2021/08/24 21:19時点 | Amazon調べ)

悪いことを悪いと大人が言えないでどうする!!

他人の迷惑を省みない若者

所構わず騒ぎ散らす子どもたち

そして、それを叱りもしない無神経な保護者…

世の中には、腹立たしいことがヤマとある。

なのに…。我々ダメな一般人はついつい見て見ぬフリを決め込んでしまうもの。

悲しいかな。今や、日本全国日和見主義。

しかし!ここに、世の悪に敢然と立ち向かっていく命知らずの女性がいた!

彼女の名は……『斉藤さん』

絶滅珍種“NOと言える日本人”

悪いことを悪いと言って、何が悪い?

ムレない。へつらわない。絶滅珍種“NOと言える日本人”

斉藤さんに今、世の女性たちから大絶賛が寄せられています。

『斎藤さん』公式ページより

東京郊外の幼稚園を舞台に、ボス的存在高島礼子信じる三上、日和見的な周囲の顔色を窺っているミムラ演じる真野若葉、自分の意見、正しいことは正しい、間違っていることは間違っているとはっきり言える観月ありさ演じる斎藤さんの、典型的3種類の母親を中心に物語は進行します。

3人がが付いたり離れたりして、サスペンスでもないのハラハラドキドキするのです。

しかしよく見れば、心底悪い人は誰もなくみな、それなりの事情で今があるという感じです。

この程度のママ友はどこの幼稚園小学校中学校高校でもあるんじゃないでしょうか?
子供のための人間関係は絶対に性格が合わない人とも表面上仲良くするしかなく、ボスママの言いなりにならざる負えない場面も多々ありますが、斎藤さんのドラマの中では、斎藤さんが解決していくのが気持ちがいいのです。

現実には斎藤さんのような人はなかなかいないので、ドラマのを見て留飲を下げたママさんは多いのではないでしょうか。

斉藤さん』口コミ

亜紀がマンションの住む娘そら(稲垣来泉)の幼稚園のママ友会に参加したシーンで、一人のボスママが橋口梨乃(堀内敬子)が、亜紀に向かって、「ブスは、嫌いなの」と言い、パーティー会場に出された料理を落とし始めたシーンは、まるで、シンデレラの継母のような、存在に見えて、怖かったです。

コメディベースの作品で、とっても元気が出るドラマだと思います。
空気を読みがちな主人公、若葉(ミムラ)とは対局の性格を持つ、観月ありさ演じる「斉藤さん」が、ダメなものはダメ!としっかり喝を入れ、問題を解消していくストーリーが気持ち良い!
あ〜、こういうことあるあるだよね〜と思う日常のちょっとしたシーンとかでも斉藤さんっぷりが炸裂し、その姿に惹かれた若葉が、強く心をもち子育てを共にしていきます。
見た後は、私自身も若葉のように斉藤さんに感化されますし、笑いあり感動ありで見応えのある作品だと感じます。

ミムラさん演じる事なかれ主義で周りの顔色ばかりをうかがいながら過ごす真野と、観月ありささん演じるとことんわが道を貫きやっかい者扱いをされても言いたいことを言う実直な斉藤さんという正反対の母親が出会い、ママ友関係など様々なトラブルに立ち向かっていく姿が描かれた作品です。

普段なかなか思っていても言えないようなことを斉藤さんが忖度なしにビシッと言ってくれる姿は毎回見ていてスカッとします。
そんな斉藤さんをハラハラしながら見ていた真野が一緒に過ごしていくうちに影響を受けて母親としても人としても成長していく姿は見どころです。周りからどう思われようとダメなものはダメと言い切れる斉藤さんは格好良くて、見ていて憧れます。

砂の塔〜知りすぎた隣人

出演:菅野美穂, 出演:岩田剛典, 出演:松嶋菜々子, 監督:塚原あゆ子
¥17,153 (2021/08/24 20:04時点 | Amazon調べ)

安全で清潔で、“子育てに最高の環境”であるはずのタワーマンション。しかし実際には、セレブ妻たちの見栄と虚飾にまみれた生活に疲弊していた亜紀。そんな中で連れて行かれた娘の体操教室で、彼女は昔の自分をよく知る幼馴染み・生方航平と運命の再会を果たす。しかし、実は亜紀にもまた、生方との関係を隠さなければならない理由があって……

一方、謎の連続失踪事件が勃発し、多くの人々を不安に陥れていた。誘拐事件の犯人像と、不気味な隣人・弓子。その間に見え隠れする怪しい共通点が、徐々にあぶり出されていく……張り巡らされた伏線と、謎が謎を呼ぶ急展開の連続!

主人公を不気味に監視する謎の隣人……その正体は、子育てをおろそかにする“ダメな母親”の子どもばかりを狙う、連続誘拐事件の真犯人なのか、それとも…?

人の裏側に潜む悪意を描きつつも、あたたかい家族愛が感動を誘う、稀代のヒューマンサスペンスが登場する!

『砂の塔~知りすぎた隣人~』公式ページより

2016年に放送された『砂の塔~知りすぎた隣人~』はタワーマンション ことタワマンに住むママ友のドロドロした人間関係を描いたドラマです。

マウンティング、不倫、いじめなどの社会問題?を混ぜながら、人間の表と裏をドロっと見せてくれます!

ママ友ドラマなんですけど、実はなんと、サスペンスドラマなんです!!

犯人探しも楽しいですよ♪

砂の塔〜知りすぎた隣人』口コミ

亜紀がマンションの住む娘そら(稲垣来泉)の幼稚園のママ友会に参加したシーンで、一人のボスママが橋口梨乃(堀内敬子)が、亜紀に向かって、「ブスは、嫌いなの」と言い、パーティー会場に出された料理を落とし始めたシーンは、まるで、シンデレラの継母のような、存在に見えて、怖かったです。

まとめ

ママ友関係が描かれた5つのドラマをご紹介しました!

ドロドロのママ友関係、ドラマとして観る分には面白いですよね。
リアルでは絶対に巻き込まれたくないママ友トラブルはドラマで観るに限ります。笑

子供ができたらママ友付き合いは避けては通れない!?
上手い距離感を掴めるようにドラマで学習しましょっ♪

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる