小学生のうちに観せておきたい『架空世界』映画!

以前ご紹介した小学生の子供に観せたい映画5選!に引き続き、今回は『架空世界』を舞台にした映画をご紹介します!

子供って想像力が豊で、架空の世界のお話も大好き!

大人だと「それはないわ」という設定でも、柔軟な頭ですんなり感情移入できたりしますよね。

そんな感情豊かな子供には、想像力が膨らむような物語を子供のうちにたくさん触れて欲しい!

そう思って架空世界の素敵なお話をセレクトしました。

しかも大人が見ても面白い映画にもこだわって選んでみたので、ぜひお子さんと一緒に見てもらいたいです。

独断と偏見なセレクションですが、まだ観たことのない作品があればぜひ観てみてくださいね♪

目次

ベイマックス

出演:菅野美穂, 出演:小泉孝太郎, 出演:川島得愛, 出演:本城雄太郎, 出演:新田英人, 出演:浅野真澄, 出演:武田幸史, 出演:山根舞, 出演:金田明夫, 出演:森田順平, 監督:ドン・ホール, 監督:クリス・ウィリアムズ, プロデュース:ロイ・コンリ, Writer:ロバート・L・ベアード, Writer:ダニエル・ガーソン
¥2,500 (2021/08/26 17:36時点 | Amazon調べ)

舞台は、東京とサンフランシスコを混ぜ合わせた架空の都市、サンフランソウキョウ。

主人公のヒロと兄のタダシ、タダシが制作したケアロボットのベイマックス、そして仲間たちが苦難を乗り越え、心を通わせていく感動のお話です。

ベイマックスは人を助けるためのケアロボットなのですが、ヒロが傷ついていたため起動しヒロを癒そうとします。

ヒロをどうにか癒そうとするベイマックスが優しくて、ふわふわな体でヒロを包み込むシーンは私たちの心もあたためてくれますよ。

様々な場面でヒロとベイマックス、仲間たちの絆も感じられて、優しさやつながりを学ぶことのできる作品です。

また、ヒーローものの要素もあり、それぞれの個性的な戦い方はおもしろく、科学の力を上手く使っていて、科学ってこんなこともできるんだと面白く感じました。

優しさや、人との繋がり、そして成長を感じながら、科学の力にも興味が湧く、そんな素敵な作品です。

千と千尋の神隠し

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,755 (2021/08/26 17:33時点 | Amazon調べ)

『千と千尋の神隠し』では、千尋と家族が引っ越し・転校から物語がはじまります。

転校って大好きな友達と離ればなれになってしまうので子供にとってはすごく寂しく辛いものです。

そして、神様の通われる湯屋の迷い込むのですが千尋の父と母は神様の為に用意された料理を食べてしまい、豚になってしまいます。
どんな理由があれ勝手にお店のものを食べるのは良くないですが、自分の両親がまさか豚にされるとは誰も思わず、千尋のショックははかり知れません。

ですが、一番観てもらいたいのはその後湯屋で働くことになりたくさんの人に助けてもらいながら挨拶やお礼も言えなかった内気だった千尋が少しずつ成長していく姿。

かなりファンタジー要素が強い作品ですが、挨拶やお礼、自分の意見を言うのがどれだけ大切なことなのか教えてくれる作品だと思います。

となりのトトロ

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,717 (2021/08/26 17:34時点 | Amazon調べ)

昭和20〜30年代の古き良き時代が舞台のファンタジーです。

郊外に引っ越してきたサツキとメイの姉妹は家の中で不思議な黒い生き物のまっくろくろすけと遭遇します。

その後メイは庭で遊んでいる時に小トトロ・中トトロを追いかけるのち、大トトロとも出会います。

その時の話を聞いても信じなかったサツキでしたがバス停にお父さんを迎えに行った時にトトロに会い、夜に2人で人知れずトトロ達とも遊びました。

ところが、夏休みのある日入院中のお母さんの退院日が延びた事をメイが嫌がりサツキはメイとケンカしてしまいます。
サツキと仲違いしたメイは1人で収穫したとうもろこしをお母さんに届けようと病院へ行きますが…。

子供の頃から何度見ても面白いし、トトロはかわいいので楽しい気持ちにもなれます!
このような不思議な体験はなくても子供の頃の様々な体験は貴重ですし、大人になっても大切にしたり活かしたいな思います。

子供に見せるなら、やはりこういった映画がオススメです♫

天空の城ラピュタ

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社
¥3,529 (2021/08/26 17:35時点 | Amazon調べ)

この作品は宮崎駿さんのジブリ作品の一つで、パズーとシータという少女が飛行石という不思議な石によって出会うところから始まります。

パズーは空から落ちてきたシータを助けて、シータを飛行石を狙う軍や海賊から守ろうとします。
しかし、軍を指揮するムスカにより、シータとパズーは、離ればなれに。

シータはパズーを逃がすために、ムスカ(悪役)の言葉に従いますが、パズーがムスカから受け取った金貨を投げつけようとする心理はとても共感できるところだと思います。

パズーは、ドーラの助けもあり、シータを助けることに成功!
その後ラピュタを目指し、到着するとムスカのと直接対決になるのですが、ラピュタをシータとともに滅びの呪文を唱えて・・・

人は科学を発展させても自然と離れていきられないというメッセージ性の強い作品になっています。

クレヨンしんちゃん ガチンコ!逆襲のロボとーちゃん

ギックリ腰になったしんのすけの父親のヒロシが怪しいメンズエステ店に行くとロボ父ちゃんになるというところから物語が始まります。

ロボ父ちゃんと本物の父ちゃんが現れますが、ロボ父ちゃんも本物の父ちゃんの感情や記憶を持って作られています。

私達の世界でも父親がおうちの中で肩身の狭い思いをしていることってあると思います。
でも父ちゃんは強いんだ!と思わせてくれるのがこの作品です。

最後にロボ父ちゃんと父ちゃんが腕相撲で闘いロボ父ちゃんが負けてしまいますが、映画を見ていてロボ父ちゃんもとてもいい父ちゃんなので、どっちが勝っても悲しいような気持ちになりました。

しんのすけにロボ父ちゃんが「おれはお前のとーちゃんではなかった」と言いますが、しんのすけは「ロボ父ちゃんも父ちゃんだ」と返します。

もう涙なしでは見れません。

ここ映画を通して父親の強さを子供にも、見せてあげたいなと思いました。
大人が見ても楽しめる映画になっているので是非ご家族で見ていただきたい作品の1つです。

ポケットモンスター「ココ」

ジャングルの奥の神木の元で生活しているポケモンのザルード。
森に捨てられザルードに育てられた男の子がいました。

その後、拾ったザルードと子供は群れを離れ生活します。
そこで出会うサトシとピカチュウ、神木に目をつける大人が絡んできてストーリーが展開されます。

ストーリーのメインテーマはズバリ親子愛なのですが、それがポケモンの世界でとても丁寧に親切にえがかれています。

他のザイードと形も能力も違う人間の男の子とそれを守るザイードの父親。
もしかしたら人種差別も少し関係させているのかも知れません。

血は繋がってないけど自分の子供として接する父親の息子に対する想いがひしひしと伝わり、涙が溢れてきました

岡崎体育さんの歌も最高でした!

最後に

今回はファンタジー要素の強い『架空世界』の映画を6作品ご紹介しました!

どの作品も大人が見ても満足できる映画だと思います。

ぜひお子さんと一緒に見て、一緒に感動してもらいたいです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる